Wifiルーター 回線速度が遅くなる要因は

Wifiルーターを使用しているうちに、シグナルが弱くなったり通信速度が遅いなと感じることがありますが、それには次のような要因が考えられます。

「周囲の電波との干渉で、回線がスムーズでない」・・Wifiルーターが発している電波は、他の電波を発生している電化製品や、Bluetoothを使用している物の近くにあると、干渉が起きて快適な回線速度を維持できない時があります。特に注意すべきは電子レンジで、強い電磁波を発するため、使用中はwifiがつながらないという場合もあるようです。「ルーターから接続機器までが遠すぎる」・・ルーターとパソコンやスマートフォンは、電波を飛ばすことで通信が出来るため、シグナルの強さが大変重要になります。

同じパソコンを使用していても、ルーターのすぐそばで使用すると通信が早いけれど、別の階や離れた部屋で使用すると遅くなると感じる場合は、これが原因となっている場合が多いです。「沢山の機器をつなげている」・・自宅で複数台の機器に繋げているご家庭は多いでしょうが、Wifiであっても回線に沢山の機器を接続していると、回線速度が遅くなることがあります。では、より快適な回線速度を保つにはどうすれば良いのでしょうか。まずは「通信シグナルが強いWifiルーターに変える」方法があります。

使用する場所によってシグナルが極端に弱くなる、といった事象が起きている場合におすすめです。ルーターは製品により通信がカバーできる範囲が決まっています。従って、ワンルームに適したような電波の弱い機器を使用して、戸建の家中全ての場所で快適な速度を維持することは難しいです。次に「ルーターの置き場所を変える」方法があります。複数の使用場所のなるべく中央に設置、もしくは利用頻度の高い端末を使用する場所の近くに移動します。以上のことを試してみてできるだけ快適なWifi環境を作りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *