Wifiルーターはモバイル型と据え置き型があります

Wifiルーターは有線や無線の電波を繋ぐ役割を果たしてくれますが、大きく分けると据え置き型タイプと、モバイル型タイプがあります。

まずモバイル型のWifiルーターはコンパクトなサイズで、ポケットなどにも収納可能で持ち運びがしやすいという点がメリットです。WIMAXやLTEの回線に接続し、外出先でも対応エリアであればインターネットを利用する事ができます。Wifiの電波を拾うシステムですので、地下やビル内では受信しにくい場合もありますが、LTE回線であれば比較的届く範囲が広いという事も特徴です。

スマートフォンやタブレットなどは回線契約によっては、データ通信量の制限が設定されていますので、モバイルWifiルーターで接続する事でデータ通信量を抑える事が可能です。そして自宅内などで使用する据え置き型ルーターですが、固定回線の代わりとして使用するケースも見受けられます。固定回線は工事が必要となるため、住宅事情によっては開通できない場合もあります。

また工事費用なども発生する事から、Wifiルーターを導入する利用者が増えているのが特徴です。家庭内にはスマホやゲーム機などを始め、近年では家電製品にもWifiが搭載されている製品が増加していますので、それらの機器をルーターによってネット接続する事が可能です。ルーターは1台で複数の端末を同時に接続できますが、機種によって対応台数などは異なりますので用途に応じて確認する事が大事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *