Wifi 速度制限期間

電気製品は、高度な技術でもそれを感じさせることなく誰でも使えるのが長所です。

その点、テレビや冷蔵庫などの家電製品に比べてパソコンやタブレット・スマホなどの情報通信機器は敷居が高かったですが、技術の進歩で操作インターフェイスが使いやすくなり、操作に対応する反応速度も速くなったことでだれでも使うことができるようになりました。その結果、3歳未満の子供が積み木代わりにタブレットで遊んだり、高齢者も含むスマホの普及率は2019年で7割を超えるに至りました。

ところで、電気製品は初心者ほど高性能なものを使うと安心できます。スマホやタブレットで、自分が選ぼうとした場所とは違う個所をタッチして操作画面を戻ったりするたびに余計な時間がかかることは初心者ほど多く、そのたびに反応時間が遅いと希望する操作が完了しなかったり、マルチタスクが増えすぎてフリーズしてしまうこともあります。

そうならないように求められるのがWifi速度で、ショートメール通信などでは高速を求められませんが、ネット検索などではWifi速度が速いほど快適です。モバイルWIFIは、定額制でも少数のユーザーが大量に使いすぎることでインフラの回線が不足することを防ぐため、3日間で一定量を超えた場合に使えなくはならないもののWifi速度に制限がかけられる場合があります。速度制限がかかっていても、ショートメールなどの低用量のサービスは問題なく利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *