屋内のWifi 速度の向上と安定化のためには

プロバイダー間の速度と価格競争と光ファイバー網の整備によって、高速通信のインターネット環境を安価で利用することができるようになりました。

携帯電話会社の4Gによる通信サービスや公衆Wifiは屋外で用いられ、光ファイバーとブロードバンドルーターなどにより家庭やオフィスなどの屋内での接続環境が実現されます。ひとりに一台以上の普及率となったスマートホンやタブレットなどの情報端末は、有線ではなくて無線によって接続がなされます。インターネットのプロバイダーの契約では速度が、以前は200Mbpsが主流でありましたが、1Gbpsを超えるサービスを提供しているところもあり、高速回線をフルに活かすためには宅内にある機器などもそれに準ずる性能であることが必須です。

Wifi速度を決定する機器の規格としては、周波数や伝送方式があります。周波数においては従来からある2.4GHz帯域ではなく5GHz帯域とすることが求められます。2.4GHzを用いてる機器は以前から存在しているため、密集地域や集合住宅などでは他の機器との混信が発生し通信の速度の低下を引き起こし、安定した送受信ができません。5GHz帯域の機種ならば帯域幅が広くて干渉の恐れがないためWifi速度が担保できます。

伝送方式では、従来からあるIEEE802.11bやIEEE802.11gの規格ではなく、11nや11acなどの採用が推奨されています。大容量のファイルや4Kなどの高精細動画をやりとりする機会はこれから増え続けていくため、11nや11ac規格の採用をおすすめします。せっかく契約した高速のインターネット環境を十分に活かすために、使用する目的を確認した上で採用しようとする機器の規格を照合して導入することで、安定したWifi速度での送受信が実現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *