• 料金が安い無線LANサービスのデメリット

    料金が安い無線LANのサービスは、消費者にとっては魅力に感じられますが、サービスの内容をよく確認してから契約を締結しないと、不満を抱えながら利用を続けなければならない状況になる可能性があります。例えば、安い無線LANのサービスには、通信量の制限がある場合が多いです。


    有線のインターネットだと、回線とプロバイダーの2つに分けて契約をしなければならず、料金も少し高めになりますが、通信量を気にすることなく使い続けられます。

    しかし、無線のインターネットは、一定期間での通信量が基準を上回ると業者側から回線速度を極端に落とす措置がとられる仕組みになっているプランがほとんどです。



    安い無線LANのサービスはこの通信量の基準が低めに設定される傾向があるので、毎日長時間インターネットに接続する場合は注意が必要です。

    安い無線LANは、ルーター本体の性能も低めになっていることがしばしばあります。
    最新の規格に対応していないルーターだと、公称の通信速度が遅いことが多いですが、逆に最大通信速度がはやい規格に対応していたとしても、ルーターの受信感度が悪いと十分な通信速度を得ることができず、動画の閲覧に影響が生じます。



    ホームページを閲覧したり、ニュースサイトに掲載されている記事を読む程度であれば、多少スピードが遅くても問題はないでしょうが、ネット配信されているコンテンツを利用するのをメインとしたいのであれば、ある程度お金をかけてインターネットの接続環境を整備するべきです。