• 安い無線LANを買うときに注意すること

    無線LANがあれば、優先で繋げなくてもインターネットを家のどこにいても使うことができます。

    値段も安い物から高い高級なものまでいろいろなメーカーがたくさんの無線LANを販売しています。
    消費者としてはできるだけ安い方がうれしいのですが、購入するときには気を付けないとせっかくお金を出して買ったのに、役に立たないこともあるので気を付けましょう。気を付けたいポイントの一つ目は周波数です。

    安い無線LAN技術のご紹介です。

    パソコンやスマートフォン、タブレットだけではなく最近はゲーム機などもインターネットにつなげることができます。



    Wi-Fiなら何でもつながると思っている人もいるかもしれませんが、宗派集にはいくつかの種類があり、安い無線LANの場合は対応できる周波数が少ない可能性があります。自分が持っている端末が必要としている周波数と無線LANが仲介できる周波数があっていなければ、インターネットに繋げることができないので、購入するときはどの周波数に対応しているのかを確認しておくことが大切です。


    もう一つ気を付けたいのが、無線LANの電波が届く範囲です。

    安い物だと電波が弱く届く範囲も瀬ないので広い家などで使うと使いたい場所まで電波が届かないということも考えられます。

    一人暮らしのようにワンルームのような場所で利用するなら問題ありませんが、一戸建てや家族用の広いマンションで使用する場合は、電波がどれくらいの範囲まで届くのか確認しておきましょう。