iPhoneXで撮影した動画から静止画を作成する

###Site Name###

高機能なスマートフォンであるiPhoneXは、フルHDの動画を撮影する事が出来ますので、撮影する被写体次第でユニークなオリジナル動画を撮影可能です。

iPhoneXのカメラ機能は、動画や写真を撮影する事が出来て便利ですが、動画しか撮影していないユーザーが写真が欲しいと思った時に有効な方法が動画から静止画を作成するという事です。
iPhoneXで撮影した動画から静止画を作成する為には、動画編集ソフトや動画再生プレーヤーに搭載されている静止画キャプチャー機能を使うのが便利でしょう。


iPhoneX単体でも、該当するアプリをアプリストアからダウンロードしてインストールする事で、動画から静止画を作成出来ますが、パソコンがあるのであれば、パソコン上で動画編集ソフトや動画再生プレーヤーを使って、静止画を作った方が効率的です。



解像度が高い動画ほど解像度の高い静止画を作成出来ますので、高解像度で撮影した動画を用意して作業を進めていくのが良いでしょう。iPhoneX単体で動画から静止画を作成したい場合には、動画を再生して、静止画にしたい場面で電源ボタンとシャッターボタンの同時押しをする事によってスクリーンショットを撮影出来ます。カメラ機能で直接撮影した写真よりは解像度が落ちてしまいますが、使い方によっては十分に役立つ写真撮影が可能です。


ブログなどのネットサービスを使っていて、スクリーンショットを公開したい場合には重宝する方法です。iPhoneXのカメラ機能は単純な画素競争で考えればアンドロイド機の方が上の機種がたくさんありますが、ソフトウエアとレンズの相性もあり、誰がとっても失敗しないカメラであると言われています。

特に普段写真を撮る機会が無い方が使うカメラとして使いやすさにこだわった作りとなっています。


iPhoneXのカメラ機能は純正アプリのほか、さまざまなカメラアプリから利用できますが一般的にはiPhoneX純正カメラアプリがよく使われるようです。純正アプリはシンプルな作りで丸ボタンで撮影、撮った画像は一覧で観ることができます。

撮影は一枚ずつの静止画モードと動画を撮るモードに分かれており、動画モードでも静止画を撮ることは可能です。
また、IOS7からバーストモードに対応しているので静止画モードでシャッターボタン長押しで連続撮影が可能です。



連続撮影する枚数はiPhoneXのバージョンで変わりますがブレることが多い場合にはバーストモードで撮り、気に入った一枚を残すという方も多いです。

ただし、iPhoneXの望遠機能はそれほどでもないのでどうしても望遠機能が欲しい場合は外づけのレンズがサードパーティから販売されています。望遠のほか、マクロレンズなど、本格的な写真を撮るための道具が各社から多数出ています。中にはデジカメのレンズ部分を接続できるタイプもあり、高画質な撮影ができるパーツもあります。



楽しみ方によってさまざまな撮り方ができるため、カメラは画素数だけじゃないことを教えてくれるカメラ機能となっています。