• 料金を払って無線LANを利用する

    • ホットスポットというのは無線LANを利用した、公衆インターネットサービスです。一口にホットスポットといっても実際のサービスには様々な形態があります。
      大きく分けると商用サービスと、フリースポットと呼ばれる無料サービスの二種類です。

      商用サービスですがこれは文字通り一定の料金を支払って利用する、ホットスポットサービスです。

      国内ではNTTコミュニケーションズやBBテクノロジー、NTT東日本など様々な企業がサービスの提供をしており、実際に利用することが可能になっています。

      これだけは知っておきたい無線LANの料金の情報が揃っています。

      このような商用サービスの特徴は、利用できる場所が多いことです。


      様々な場所にアクセスポイントが設置されているため、無料サービスより広い範囲で利用することができます。
      セキュリティ面の安心度が高いのも強みです。

      無線LANのセキュリティについては、WEPやMACアドレスフィルタリングがありますが商用サービスのホットスポットでは、これらに加えてさらに高度なセキュリティ機能が採用されています。

      このため飲食店など不特定多数の人が利用する場所でも、安全に通信できるように工夫されています。



      ただし商用サービスの場合実際に利用できる場所、サービス内容や料金、採用する無線LAN方式などが各サービス提供事業者ごとに異なります。



      商用サービスを料金を払って利用する場合は、自分がよく利用する場所でサービスが提供されているか。サービス内容が自分に合っているかなどを見極めてから、契約することが重要です。

  • 無線LANのよく解る情報

    • 料金が安い無線LANサービスのデメリット

      料金が安い無線LANのサービスは、消費者にとっては魅力に感じられますが、サービスの内容をよく確認してから契約を締結しないと、不満を抱えながら利用を続けなければならない状況になる可能性があります。例えば、安い無線LANのサービスには、通信量の制限がある場合が多いです。...

  • 無線LANの知識を増やす

    • 新しい無線LANを安い値段で買いたいなら

      安い無線LANルータを探しているなら、ネットショッピングサイトを利用するのが良いでしょう。ルータに限った話ではなく、実際のお店で色々と探すよりも、近頃はネット通販サイトを利用した方が結果的に良い製品に巡りあえます。...

  • 無線LANの身になる知識・無線LANの話

    • 月の通信費が安い環境を構築出来る無線LAN

      現代人には月々支払う通信費が高くなる事が多々あります。スマートフォンなどでモバイル回線を利用している場合、大手キャリアのサービスを使っていますと最低でも月7000円ぐらいかかってきますが、近年ではMVNOによる格安SIMが登場した事で半分の通信費で済むようになってきています。...

    • 安い無線LANを買うときに注意すること

      無線LANがあれば、優先で繋げなくてもインターネットを家のどこにいても使うことができます。値段も安い物から高い高級なものまでいろいろなメーカーがたくさんの無線LANを販売しています。...